郵便珍話 - 郵便豆知識3 -  ★郵便やDM発送のご担当者必読

郵便珍話(DM発送代行・㈱アルファラン)

「郵便珍話」は郵便や宅配その他発送や情報通信にまつわる珍しい話や豆知識、最近の話題、一般的な疑問点などを話題にしたエピソードなどをコラム的に記載したものです。

郵便・DM発送のプロならではの視点をお楽しみください。

 

 

 

ページ [メニュー] [13[12[11] [10] [] [] [] [] [] [] [3] [] []

[ ←前のページ ] [ 次のページ→ ]

 

 

_______________________________

 

ハガキトスルメ

 

世界初の郵便制度は古く、16世紀初頭にヨーロッパで始まったようですが、「はがき」の制度は意外と新しく、オーストリアで1869年に発行されたのが世界初と言われます。

ちなみに、日本での最初の郵便はがきは、1873年(明治6年)12月1日に発行。
日本の郵便制度が発足してから2年後、世界ではがきが登場してからわずか4年後には日本でも郵便はがきが使われたのですから、当時の明治政府の郵便事業発展にかける思い、列強に追いつかんとする熱意が伝わってくるようです。

 

江戸時代に幕府の政策で全国的に街道が整備され、特に江戸後期には飛脚による通信網が形成されましたが、扱う書簡の中には近代以降のはがきに相当するような簡易な書簡も存在し、郵便制度の確立以前からこのはがきに相当する情報伝達方法が盛んであったようです。

こういった下地があったからでしょうか、官製のはがき利用の普及率はヨーロッパをしのぐ勢いだったようです。

 

さて、日本最初のはがきの形状は二つ折り。薄手の紙を折り重ねて強さを増そうとしたためだそうです。
いか

現在では、第二種郵便物として大きさや重量もしっかりと決められ、普通はがきの場合は長辺14.0~15.4短辺×9.0~10.7センチメートル、重量2~6グラムの長方形とされています。
これを超えると差し出せないわけではありませんが、はがきの料金ではなく定形外郵便物として扱われる可能性があります。

ところで、昔「干したイカに切手を貼って住所を書いてポストに投函すればちゃんと届くよ」という話を聞いたことはありませんか?
本当に受け取ったことがない(というかやめてほしい)ので真偽のほどはわかりませんが、和歌山南の漁業組合では紀州のスルメイカの胴体を乾燥・真空パックして定形封筒に入れてスルメのはがき「するめーる」としてサービスを商品化していました。

正確には第一種定形郵便物ですが、通常タイプの他、年賀用や暑中見舞用を用意する力の入れようには感服。
猫を飼っている家庭に自家製「するめーる」の暑中お見舞いや年賀状を送ってみるのも粋かもしれません。ただし、ダイオウイカはやめましょう。「定形外」になりますから。
(2014.6)

 

 

「行間」を読む(バーコードの話)

 

まもなく東京も梅雨入り。そして「暑中お見舞い」の季節がやってきます。

暑中お見舞い

文字通り「暑中」に「見舞う」というこのもともとの習慣は、一年で最も暑い時期に相手の健康を気遣い家などを訪問していたようです。

 

郵便制度が定着した大正時代からは手紙でのやりとりが流行ってきました。
この日本特有の文化は、姿形を変えながらも今にいきています。

 

ところで、「行間を読む」という言葉があります。手紙などの文字では書かれていない筆者の真意を感じとるという意味でつかわれますが、
文面ににじみ出ている思いやりや心遣いを感じる時ほど心が豊かに思えるときはありません。

「お便りの文面から伝わってきた温かいお人柄の感触、決して忘れません。」

これは脳科学者で有名な茂木健一郎氏がある書簡の中で書いている言葉です。
私達も暑い夏に涼風を贈るような感触の伝わる手紙を心掛けたいものです。

 

話は変わりますが、郵便物の宛名側には郵便機械が読む「バーコード」が印字されているのをご存じでしょうか?

「局内バーコード」「IDバーコード」と呼ばれるもので、区分機で郵便物に記載された郵便番号などの情報を読みコード化したもの、または機械が郵便番号等を読み取れなかった場合などにオペレータがキー入力したもののようですが、透明か極淡い色の特殊なインクで印字されるため、見る角度を変えてよく見ないとわかりづらいものです。

 

また、差出人が予め住所などの宛名と一緒に印字する「カスタマーバーコード」といったものもあります。
これらのバーコードの利用が、膨大な郵便物の仕分け、運搬、配達を可能にしています。

バーコードの歴史は古く、米ドレクセル大学の大学院生が1949年に発明。1967年にはアメリカの食品チェーン店がレジの行列解消のための方策として実用化し普及しました。JAN(Japan Article Number)コードは、JIS化されており現在生活用品のほぼ全てにマーキングされています。その他、ITF(Interleaved Two of Five)コード、NW-7といったコードが1972年に開発され、日本でも工業用や宅配便の集配管理、図書館の貸出管理、各種会員カードなど幅広く利用されています。

 

バーコード

現在ではWebや携帯電話の機能の一部であるデジカメの発達でQRコードが普及、WebサイトのURLを伝える方法として多く利用されています。

更にはARといったバーチャルな世界にも発展しています。

 

これらは、コード化の発想と読み取り機器の発達によって進化した文明のひとつでしょう。

将来、「行間」を読める郵便機械が登場したら、どんなコードを出力するのでしょうか。。。

(2014.06)

 

切手の「デザイン」

 

本年4月からの消費税増税を受け、普通切手も新たにハガキ用に52円切手、封書用に82円及び92円切手などが発行されました。

 

デザインもウメ、スミレ、ソメイヨシノといった花々をあしらい美しい仕上がりで、増税のマイナーイメージを幾分かやわらげてくれます。

日本郵政のホームページをのぞくと、オリジナル切手作成サービス(2014年6月現在)のメニューがあります。用意されている切手フレームに自分の好きな画像を組み込むことで簡単にオリジナルの、しかも本物の切手が作成できるというもの。

家族の写真や旅行での風景などをおさめても良いでしょうし、プレゼントなどちょっとしたサプライズに使えそうで、大変に魅力を感じました。

 

ところで、年間であらたに発行される切手の種類は約40種類。日本の郵便制度140年の中で日本国内で発行された切手のデザインは3千種類以上と言われています。

そのデザイン性の高さからか日本の切手は世界の中でも最も高い人気を誇ります。記念切手を数十枚並べてみると、なるほどその芸術性には驚きを禁じえません。おそらく生活の中で一番身近な本格アートといえるのではないでしょうか。

 

では、一体このデザインは誰が描いているのでしょうか。

実はあるテレビの番組で紹介されたことがあります。本社内に「切手デザイン室」があり、そこで作成されているのですが、デザイナーの数はほんの数名。その数名が日本を代表し、歴史をも刻むデザインを残しているというのです。

古い切手

 

この切手デザイン室の前身は戦後の逓信省郵務局の中に設置された「切手周知係図案部」。1円切手「前島密」の加曾利鼎造、5円「おしどり」の木村勝、「東京オリンピック」の渡辺三郎といったデザイナー(当時は技芸官)の名もまた歴史に刻まれています。

以前、郵便事業会社(当時)のホームページには切手デザイン室通信「切手デザイン――文化の小さなキャンパス」というページがあり、切手デザインにまつわるエピソードや記録、デザイナーへのインタビューなどすばらしい「記録」がありました。

中でも楽しいのが切手のトピックスで、発行されるデザインの根拠、また発行シート数などの情報がオープンでした。例えば、2010年4月には平城遷都1300年記念ということで国宝・重要文化財の仏像が、また翌年1月には日本とドイツ(当時はプロイセン)との間で修好通商条約が締結されてから150年記念ということで両国でお互いの国の文化遺産を紹介するデザインの切手を発行等々。
更には、過去の切手を検索できる切手データーベース機能もあり、切手収集家でなくとも興味をそそられるものでした。是非復活して頂きたいものです。

 

これから世に出る切手も、やがてはその世代の人々の思考や趣味、価値観を如実に反映した文化・歴史そのものとなり、更には人類の文明の証言者となるのでしょうか。

そんな歴史の1ページに、いま、自分のオリジナル切手をそっと紛れ込ませたくなるのも不思議な気持ちです。

(2014.06)

 

転居届と本人確認

 

記憶に新しい方もいるでしょう。2009年のこと。

 

アイドルグループ「AKB48」の熱狂的ファンの男が、メンバーの転居届を勝手に提出し、メンバー宛の郵便物を転送させていたとして、窃盗容疑で埼玉県警浦和署に逮捕されるという事件が起きました。

引っ越しメール DM発送㈱アルファラン

「郵便物が届かない」とメンバーの1人が警察署に相談に訪れたことで判明しました。男曰く、「メンバーのものならば何でもいいから手に入れたかった」とのこと。

 

ここで、転居届のしくみに触れておきます。

郵便局の窓口に行くと「転居届」があります。これを届け出ておくことで、1年の間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送してくれるというもの。

 

窓口にて届出をする場合は本人確認等を行うのですが、若干問題なのは窓口に行かれない人の場合。

転居届をポストに投函、またはインターネットで申し込み(e転居)が可能ですが、本人確認無く済むことが多く、その「盲点」が犯罪に使われました。

引っ越し

 

前述の事件以降、新居先住所を管轄する配達局による本人確認は大変に重要な任務となっています。

 

では、現場確認はどのような対応がとられるのでしょうか?

答えは、「とにかく行く」です。

 

原始的に思えますが、これほど確実な方法は他にありません。ゆうパックなど不在票があるものは比較的判明はしやすいものの、基本は本人確認ができるまで、何度も何度も通います。

 

しかし、それも簡単ではありません。最近では都市部ではオートロックのマンションが増え、郵便受には名前の表記もないケースが多く、更には女性の一人暮らしの場合は警戒心が強くインターホンにも応じません。

生活をしていれば公共料金等の明細や請求書等の送付がありますので、ある程度の絞込みは可能かもしれませんが、それらをもって本人確認とすることは無理があるでしょう。住所違いでたまたま名前が同じ可能性もありますし、支払に立ち会うこともできません。

 

転居届がなかったとしても、把握している人名以外の人への配達物があればやはり配達員さんは直接訪問し確認を試みます。なかなか大変なお仕事ですね。

 

利便性を追いかければ危険性が増し、セキュリティを強化すればせっかくのサービスの利用度合が減る。

良い案はないものでしょうか??

 

(2014.06)

 

 

サラリーマンの聖地

 

新橋と言えば「サラリーマンの聖地」と呼ばれ、酔っ払いへのインタビューといえば十中八九が新橋の烏森口近辺です。

ところで、この「烏(カラス)森」ですが、SL広場から日比谷通り方面に抜ける細い道の奥にある「烏森神社」の名前から来ているようです。

 

完璧な歓楽街にあり、参拝者数もダントツでサラリーマンというこの神社。

実はかつて大河ドラマ「風と雲と虹と」で名優・加藤剛が演じた武将・平将門(たいらのまさかど)に関係している歴史的にも有名な神社だったのです。

 

将門といえば「平将門の乱」が有名です。 10世紀の中程、平将門が不本意ながらも朝廷に反旗を翻し、関東八カ国の国府を次々に攻撃し国司を追放。

やがて関東一円を手中に収め、自らを「新皇」と名乗った出来事です。

 

事態を重く見た朝廷が将門討伐を決意。鎮圧した一人が藤原秀郷(俵藤太)でした。

将門が乱を起こした時、藤原秀郷が武蔵国のある神社に戦勝祈願をしたところ、白狐が現れて秀郷に白羽の矢を与え、その矢によって将門を鎮圧できたと言われています。

その後、神社の創建を考えていた秀郷の夢にその白狐が現れ、神鳥が群がる場所こそ霊地であるとお告げした。

秀郷が桜田村を訪れた際に、お告げの通り烏が群がっていたのが現在の烏森神社だそうです。

 

この地はかつて江戸湾の砂浜で一帯は「枯州の森」あるいは「空州の森」と言われる松林だったようです。

一説には烏が多く集まっていたことから後には「烏の森」とも呼ばれるようになったと言い伝えられています。

 

その後さらに10世紀が経過した現在、毎夜の烏森は酔っぱらいが群がり武勇が語られる「サラリーマンの聖地」となりました。

誰のお告げ?

 

(2014.6)

 

 

郵便局と前島密

 

郵政民営化前は普通郵便局とか特定郵便局、簡易郵便局といった名称が使われていましたが、さまざまな経緯を経て普通と特定はその呼び名はなくなりました。

 

町で見かける小さな郵便局が以前の特定郵便局ですが、いまも身近な存在で親しみのあるものであることには変わりはありません。

 

ところで、日本の郵便史、特に郵便事業の普及と発展の過程で、この郵便局の存在・機能といったものが極めて重要であったことは論を待ちません。

前島密

前島密

日本の郵便制度がスタートしたのは明治4年。

 

郵便局を全国に設置することが財政的に難しかった明治政府は、全国にいち早く郵便制度を浸透させるために郵便の取り扱いを地域の名士や大地主に土地と建物を無償で提供させて事業を委託したのが原型と言われます。

 

その時に活躍したのが郵便制度の父・前島密です。当時は駅逓頭(えきていのかみ)という高い役職に就いていました。

 

作家の故・司馬遼太郎氏は、歴史随想(エッセイ)「この国のかたち」の中で、近代国家の設備としての条件の一つが郵便制度であり、明治政府が維新後わずか4年で手品のようにあざやかにその制度を展開したとして、その成り立ちについて以下のように述べています。
(少々長いですが引用致します。)

 

「手品のたねは、全国の村々の名主(庄屋)のしかるべき者に特定郵便局(当時は、郵便取扱所)をやらせたことによる。
むろん、官設の郵便取扱所(のちの一等・二等郵便局)は、東京・大阪を手はじめとしてつくったが、面としての機能は、津々浦々の〝名主郵便局〟が担った。
建物は、名主(庄屋)屋敷の一隅をつかうだけで十分だった。

〝駅逓頭〟という職にあった前島密は、旧名主(庄屋)に郵便をあつかう気にならせる上で、かれらの名誉心を十分に刺激した。
まず、郵便事務が公務であることを説いた。

ついで、局長は官吏に準ずるという礼遇をした。

 

郵便局

さらには、身分は旧幕府のご家人なみの判任官とした(のち、年功の大きな者の場合、高等官にのぼる例もあった)。<中略>かれらはいよいよ満足した。

当然ながらこれによって、郵便事業に参加した旧名主(庄屋)層は、新政府からもそれにふさわしい礼遇をうけたとして、犠牲を覚悟して参加した。
名主(庄屋)というのは、江戸期でもっとも公共精神のつよかった層なのである。 」

 

そもそも「郵便」や「切手」、「葉書」という名称を定めたのも前島密です。その前島密が逝去して約1世紀。(1919年4月27日没)

もし、いま全国に24,508ある郵便局を見たら、何と言うでしょうか。

 

(2014.05)

 

 

「時間」と「郵便」

teishin

 

昔の駅逓寮・駅逓局(いまで言う郵便局)の建物の絵や写真を見た記憶のある人も多いと思います。

その特徴は何と言ってもエレガントなフォルムに「時計台」の存在。
(右絵は東京名所図絵「江戸橋駅逓局」明治11年 三代広重筆)。

 

そもそも「郵便」と「時間」は密接な関係にあります。

正確な時間に郵便物を届けるため、創業当時の明治初期には全国の郵便局に時計を設置。

郵便逓送員(配達員)も携帯時計を持っていたといいます。

配達員の姿を見れば、街の人々は時刻が把握できたとか。

 

では、明治期以前の時代、江戸の町の時間はどうだったのでしょうか。

 

――江戸時代でも時間に刻まれた暮らしがありましたが、一刻(いっとき:約2時間)といったザックリした単位を使っていました。

夜は高価な灯油代の節約のため、労働時間はもっぱら明るい昼のうち。

 

当然、夏と冬とで大幅に時間が変わる。しかし、分刻みの時間に縛られる生活ではないから困ることはない。

どうやらゆったりとした「自然時間」の流れであったのでしょう。

 

今のような忙しい「時間」が普及したのは資本主義になってからと言われます。

 

 

ヨーロッパの産業革命が「時間労働制」を生み出し、日本の場合でいえば、明治以降に工場制度が導入されて、企業が社会経済の中心になってからのこと。

よって、いまの時間は「工場時間」であり「企業時間」といえるでしょう。

産業の発展は時間労働制とともに「鉄道」や「郵便」を生み出し、生み出された郵便制度がやがて人々の時間管理の担い手となったことは興味深いことです。

 

 

農作物

ところで、最近テレビを観ていますと、「ダウン・シフター」と呼ばれる人が増えているそうです。

生活水準を低下させてでも自分の満足できるライフスタイル(ダウンシフト)を選ぶ人々のことで、今までの時間や数字・成果に追われる仕事から離れて、農業などをしながら最低限度の生活レベルが保てる年収の職業につく若者が続出しているというのです。

 

皆、その顔には人間らしい時間の過ごし方への満足感がにじみ出ていました。

電気・電波・通信の普及が「24時間制」を生み出し、グローバルな情報やEメールによって生活の時間までを圧迫された人々が、やがて「自然時間」を希求しはじめていることも、やはり興味深いことです。

 

そしていつしか、自分の時間を取り戻した人々の中で、手紙や文箱、飛脚といった過去の文化も見直されるのかもしれません。

でも、江戸~京都間を片道70時間で走る飛脚のマネはやめましょう。かえって時間に追われますから。

 

(2014.05)

 

 

消費税アップと郵便

 

消費税率8%への改定は、郵便においては実に平成6年以来だったそうです。

ちなみに、消費税率5%への引上げ時は、経営努力により税率引上げ分を吸収して郵便料金を据え置いたのですが、8%では据え置きは困難だったようです。

 

ところで、郵便切手は内税でしょうか?それとも外税でしょうか?
その答えは、購入・利用のシーンにより変わります。

切手

郵便に関する消費税の取扱いについて、消費税法に規定があります。

要約すると、「国内で行われる資産譲渡等のうち、日本郵政が行う郵便切手類又は印紙の譲渡は非課税である」。

簡単に言いますと、郵便切手そのものは郵便局等で買った場合、その段階では消費税は払っていません。
でも、切手を貼って郵便物をポストに入れる時に別途消費税を払ったことのある人はいないはず。

 

結論としましては、郵便局から切手を買った時点では非課税ですが、その切手を貼って配達という役務の提供を受けた時に課税に振り替えられて、後から払ったことになる(購入時点では払っていない)のです。

 

では、金券ショップや古物商から郵便切手を購入した場合はどうでしょう。
前述の法律のポイントは、郵便局等から購入した場合であって、それ以外からの購入には非課税規定がないので、購入時点で課税されています。
要するに、買った時点で消費税は支払ったことになります。

ご存知でしたでしょうか?

 

(2014.05)

 

 

「声かけ」のチカラ

 

平均寿命が世界一の日本。女性は86歳、男性も80歳と大台に乗りました。

当社のある社員のお婆様は今年の3月で白寿(99歳)を迎えたそうです。

聞けばとてもお元気で食欲も旺盛とのこと。いついつまでも「ご健康」で「お達者」でいらして頂きたいものです。

 

高齢者夫婦の散歩
ところで、日本は団塊の世代が現役リタイヤし、昨年は65歳を超える人口が前年比で114万5千人(総務省調査)増加しました。いよいよ「超」高齢化社会、「超」長寿社会を迎えております。

 

残念なことに、最近、独居老人(一人暮らしの高齢者)が自室内で死亡し死後しばらく経って初めて遺体が発見されるような悲しいニュースもしばしばみられるようになりました。

ここ数年、高齢者が一人でも安心して暮らせるコミュニティづくりを目指し、組織的に取り組む地域や自治体、ボランティアなども動き出しております。

 

そのような中、平成25年10月1日から郵便局による「郵便局のみまもりサービス」が開始されました。

 

これは、郵便局員が利用者の家に郵便物を配達する際に生活の様子などを対面にて確認するサービスで、希望によってはその結果を別地域に住む家族に知らせてくれるというもの。

 

その他、生活や医療に関する24時間相談電話や施設の割引、オプションではオートコールでの毎日の体調確認や血液検査キット等の案内も行っています。

 

郵便配達の人

サービスの対応可能エリアは、現時点では北海道・宮城・山梨・石川・岡山・九州のうちのごくわずかな市町村・地域に限られたものですが、今後更に対応地域が増えることでしょう。

郵便局は民営化以降その局数を減らしており、特に地方における郵便サービスの維持は常に問題になっているところですが、現在のインフラの中であくまで日常ワークの延長線上に「地域への貢献」「高齢化社会への貢献」のサービスを付加する発想は評価に値いするでしょう。

 

特に評価できるのは「本人に会う」「声をかける」という点。単に確認だけであればそこには人の温もりはなく「安心」も生まれません。企業であれ団体であれ、この点をはずしては真のコミュニティづくりなど覚束ないでしょう。

 

人間というのはどうしても「声」を聞かないと寂しさを感じてしまうものですから、「お元気ですか?」「最近どうですか?」など積極的に声をかけていく、この「声」というもののチカラが超高齢化社会において最も重要な要素でしょう。

 

(2014.05)

 

 

 

 

 

郵便珍話 DM発送代行㈱アルファラン

 

ページ [メニュー] [13[12][11] [10] [] [] [] [] [] [] [3] [] []

[ ページTOPへ↑ ]

[ ←前のページ ] [ 次のページ→ ]

お問い合わせフォーム㈱アルファラン

<お見積もりはコチラから↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【DM発送のコンシェルジュ ALPHARUN 株式会社アルファラン】<港区新橋の会社>

港区新橋のDM発送代行会社アルファラン ダイレクトメール発送のことならアルファラン 安価・短納期・ご相談下さい

 

DM発送代行アルファラン

郵便・DM発送代行㈱アルファランは走り続けます!

東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン

▲ページの先頭へ戻る