郵便珍話 - 郵便豆知識9 -  ★郵便やDM発送のご担当者必読

郵便珍話(DM発送代行・㈱アルファラン)

「郵便珍話」は郵便や宅配その他発送や情報通信にまつわる珍しい話や豆知識、最近の話題、一般的な疑問点などを話題にしたエピソードなどをコラム的に記載したものです。

郵便・DM発送のプロならではの視点をお楽しみください。

 

ページ  [メニュー] [13[12[11] [10] [9] [] [] [] [] [] [] [] []

[ ←前のページ ] [ →次のページ ]

 

_______________________________

 

切手の博物館と「まことちゃんポスト」

 

JR高田馬場駅前の雑踏を抜け目白駅方面への優雅な坂道に歩みを進めると、

学習院大学裏手の近代的な建物の前にある変わったデザインの郵便ポストが目に入ります。

 

白赤のボーダー柄、くりくりの目に「グアシっ!」
そう、漫画家・楳図かずお氏の「まことちゃんポスト」だったのです。

 

ここは「切手の博物館」。
郵便切手文化の振興と発展のために切手収集家・水原明窓(みずはら めいそう)が私財を投じて

1988年に設立した財団で、96年に渋谷から目白に移転しました。

世界中で60万種ともいわれる郵便切手のうち半数以上を所蔵し研究調査を続けており、

切手の魅力を広く世に伝えるための各種イベントなどを適時開催しているそうです。


また、使用済み切手による国際保健医療協力活動を行う日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)にも協力しているようです。
JOCSは、日本全国から寄せられる使用済み切手や書き損じハガキなどをアジアやアフリカの保健医療への協力のために役立てています。

 

さて、日本で発行された最初の切手は、郵便制度が始まった1871(明治4)年の「竜文切手」であることは以前に紹介しました。

ペニーブラック

 


世界に目を向けてみると、世界最初の切手の発行は、日本のそれとは31年も前のこと。

イギリスで発行された「ペニーブラック」と呼ばれるヴィクトリア女王(1819~1901)の横顔が図柄の切手です。


この博物館では、その世界と日本の最初の貴重な切手の実物を一度に見ることができました。

そのほか、販売買取コーナーでは「見返り美人」といった珍しい切手も拝見できました。


ところで、なぜポストが「まことちゃん」だったのか。。。。


このポストは、2016年5月に開館20周年を記念して設置されたもの。
楳図かずお氏が3年間住んだ目白の地ということが縁のようです。
ではなぜ、漫画家に依頼があったのか。


どうやら、この博物館のある豊島区が関係しているようです。
1950年代、有名な手塚治虫をはじめ多くのマンガ家が住んでいたアパート「トキワ荘」があったのが豊島区の「椎名町」(現在は南長崎)です。
そのトキワ荘が日本のマンガ文化を作り、その後の日本の高度なアニメ技術の発展にもつながっていきます。

同じ豊島区内の池袋は、今ではアニメ好きの若者の聖地として賑わいを見せていますが、その源流には若き漫画家たちの活躍があったのです。


いまの日本を代表する漫画家の一人である楳図氏が、手紙離れと言われる若い世代が改めて手紙の文化に触れるきかっけとなることを願って制作した「作品」。
是非、「まことちゃん」世代のお父さん・お母さんはお子さんを連れて行ってみては?

でも、手紙はポストに投函しましょう。博物館を郵便局と間違えて差出に来る方、多いらしいです。

サバラっ!

 

(2020.3月)

 

 

「終活年賀状」届きました

 

郵便局のHP「ニュースリリース」から毎年元旦の年賀状配達数を見ることができます。

すごい勢いで減少しているのがわかりました。

 

■ 2019年元旦 年賀状 14 億 32 百万通

■ 2018年元旦 年賀状 15 億 43 百万通

■ 2017年元旦 年賀状 16 億 44 百万通

■ 2016年元旦 年賀状 17 億 42 百万通

■ 2015年元旦 年賀状 18 億 10 百万通

■ 2014年元旦 年賀状 18 億 29 百万通

■ 2013年元旦 年賀状 18 億 99 百万通

 

こうして観ると2016年以降は毎年1億通の減。

これはソーシャルメディアの普及・利用の伸長と反比例すると思われますが、単純にこのペースで行くとあと10年ももたずになくなってしまいます。

しかし、この他にも今まで年賀状を支えてきた世代の「リタイヤ」が要因の一つなのかもしれません。

 

「高齢により年賀状の準備もおぼつかなくなってまいりましたので、本年をもちまして年始のご挨拶を失礼させていただくことにいたしました。」

 

こういった、高齢になられた方が次年からは年賀状を送るのをやめたいという年賀状を受け取られた方もいらっしゃるかと思います。

「年賀状じまい」や「終活年賀状」と呼ぶそうです。

65歳以上の高齢者を対象に行なったアンケートの中には

「今後出さない旨が書かれた年賀状を貰ったことがある」

という人が半数を超えているケースもありました。

意外と多くの人が、終活年賀状を出されているようです。

今年で卒寿(90歳)を迎える、今なお元気に働いている私の母でも、年賀状を書くのはさすがにおっくうなようで、私が印刷しなかったら出さないでいたかもしれません。

高齢者の独居老人の方ならばなおさらだろうなとも思います。

様々な事情があるとは言え、昭和生まれの筆者としては、一抹の寂しさを感じないではいられません。

 

受け取られた方の反応も様々です。

「終活年賀状でハッキリと宣言されるよりも、フェードアウトしてもらった方がいいのに」

「人生の最終局面で、私のことを拒絶された気がする」

など

当面、賛否は両論なのでしょうが、少子高齢化とソーシャルメディアの普及で、年賀状自体が減り続けていくのは間違いないでしょう。

 

ただ、一度「終活年賀状」で宣言された方から、

「やっぱり今年から出してみようと思いました」

とか言って「復活年賀状」が届いたら、それはそれで嬉しい気がします。

 

可能な方は、サプライズ込みで、是非”復活宣言”をなさって見て下さい。

 

(2019.1月)

 

 

 

まだ使える!?“使用済み”切手の使い道

 

未使用のものだけでなく、受け取った郵便物に貼られている使用済みの切手も寄付の対象になることはご存知でしょうか。

 

JOCS(公益社団法人日本キリスト教海外医療協力会)では、1964年に日本で初めて使用済み切手による海外支援を始めました。

全国から寄せられる使用済み切手などを、アジアやアフリカの保健医療事情の向上のため役立てているそうです。

 

こちらの団体では、全国から寄せられた切手をまとめ、切手収集が趣味の個人コレクターの方に換金をお願いしています。

 

日本国内にもプレミア価格となる切手が多数存在し、昭和23年に発行された「見返り美人切手」には1枚18,000円という驚きの値段が付けられたこともあります。

この菱川師宣の浮世絵作品である見返り美人がモチーフとなった切手は、期間限定で150万枚のみの発行であったため、現行枚数も非常に少なく、希少価値が高いのです。

 

販売価格は5円ですから、3,600倍の値段が付けられたということですね…!

他にも、

昭和23年から24年にかけて発行された「産業図案切手」、

昭和36年から39年に発行された「東京オリンピック切手」

などは、発売額の60倍近い価格で取引されているのだとか。

 

何気なく捨てている切手の中にも、もしかしたらこんなお宝が紛れているかもしれませんね。

 

切手やはがきの送り先や詳細についてはJOCSのサイトをご覧ください。

 

 

同様に、書き損じはがき(※こちらは未使用のものに限ります)や外国コインに関しても収集しているそうです。

 

個々人ではわずかな量かもしれませんが、協力してみると結構たくさん集まったりします。

 

JOCS以外にも使用済み切手を取り扱う団体は複数存在しますので、その使用用途などから寄付先を決めると良いと思います。

 

寄付はしたいけど、どうしたら良いかわからない…、という場合はぜひこういった支援団体に協力してみてはいかがでしょうか。

 

(2018.4月)

 

 

LINEで再配達

 

家に帰るなり郵便物の不在票が目に入りうんざりした経験はないでしょうか。

<LINEで郵便局>

 

<メニュー>

受取人不在による再配達の問題は度々ニュースでも取り上げられてきました。

 

とは言っても、一度で荷物を受け取るのはなかなか難しい場合もありますよね。

 

ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の3社が実施した調査によると、再配達率は平均19.6%だとか。

 

約2割と聞くと意外と少ないと感じるかもしれませんが、毎日膨大な量の郵便物が配達されていますから、その数は計り知れません…。

 

 

配達ドライバーさんの負担やCO2の増加が問題視されており、日本郵便では今年の3月より「ゆうパック」の再配達サービスの縮小が行われました。

これまでは受取人の不在時には翌日に再配達がされましたが、現在は日時を指定して再配達を依頼する必要があります。

 

保存期間は「7日間」。それを過ぎると、郵便物は発送者の元へ返送されてしまいます。

 

再配達の申し込みは、公式サイトからのネット申込みや不在票記載のドライバーさんに直接連絡する場合がほとんどかと思いますが、電話をかけるのも時間や場所によっては難しいですよね。

 

LINEで郵便局3

 

 

 

 

そこで、もっと気軽に申し込みが出来る「LINEで郵便局」というサービスをご紹介いたします!

 

ご存知の方も多いかと思いますが、「再配達の申込み」の項目を選択すると、かわいいくまのキャラクターが応えてくれます♪

 

 

あとは「ぽすくま」からの返信に従って入力&タップしていくだけでOK!

(※画像は全て郵便局公式HPより転載しています。)

 

再配達の依頼だけでなく、転居届の受付や荷物の追跡等にも対応していますので、とても便利ですね。

ヤマト運輸でも同様にLINEで再配達等の申し込みができます。

 

また、「ウケトル」というアプリでしたら、日本郵便だけでなくヤマト運輸や佐川急便にも対応しています。

いずれも利用料は無料ですので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

(2018.4月)

 

 

 

女性の智慧 活かす社会に

 

時代は今から1,000年ほど遡ります。

 

「大江山 いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天橋立(あまのはしだて)」

 

百人一首でも有名なこの歌は、平安時代に活躍した恋多き女流歌人 小式部内侍(こしきぶのないし)が詠んだ歌です。

この歌のエピソードは時代を超えて痛快です。

改めて概要を見てみます。

 

小式部は、幼少の頃から歌の才能がありましたが、歌の名手だった母の和泉式部が代作しているのではないかとの噂が流されます。

小式部内侍

ある京都での歌合せの会に参加していた小式部内侍の部屋を訪れた中納言定頼卿がふざけて言います。
「丹後にいる母(和泉式部)に遣わした使者は着きましたか?お母様のからの使いはこないのですか?
(代作の歌が届かないと)とてもじれったく不安でしかたがないでしょう?」
と言いながら部屋の前を通り過ぎようとしました。

 

その時、小式部は御簾(みす)より半分ぐらい出て、そっと定頼の直衣の袖を引き止めて詠みます。
それが、この「大江山」の歌です。

 

「大江山へ行く野の道(生野の道)は遠いので、まだ天の橋立の地を踏んだことはありません。(当然、手紙なんて見たこともありません)」。
”生野”と”行く”と掛け、さらに”踏みもみず”と”文も見ず”を掛けた当意即妙の歌。

 

通常、歌を詠んだ場合は返歌をするのが礼儀でしたが、定頼卿はこの歌のあまりの出来の良さに動揺してつかまれた袖を振り払い逃げ帰って行きました。
これにより妬みから広まった噂は消え、小式部の名声は名実ともに高まっていくのです。

男性社会にあって、痛快な一撃でした。

 

 

 

東京くらし防災

さて、話は現在に戻ります。

先日、日本橋郵便局に寄った際に、ある配布用冊子に目が止まりました。
ピンクの表紙にかわいいイラスト。

 

タイトルは『東京くらし防災 - わたしの「いつも」が、いのちを救う』
今年3月に東京都が発行した防災関連の生活ガイドブックでした。

 

大地震発生時を想定したものですが、よくある防災関連冊子とは全く違い、女性の視点のみで構成されている点が斬新です。

女性でしか気が付かないような、きめ細かやで繊細な日常生活の中での防災ポイントには驚かされます。

災害関連の対策会議などは男性がほとんどと聞きます。

東日本大震災から7年。もっと女性に参加してもらい女性ならではの智慧と感性を対策に活かしてもらいたいものです。

(2018.3月)

 

 

 

 

郵便珍話 DM発送代行㈱アルファラン

ページ  [メニュー] [13[12[11] [10] [9] [] [] [] [] [] [] [] []

[ ←前のページ ] [ →次のページ ]

 

[ ページTOPへ↑ ]

 

お問い合わせフォーム㈱アルファラン

<お見積もりはコチラから↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【DM発送のコンシェルジュ ALPHARUN 株式会社アルファラン】<港区新橋の会社>

 

港区新橋のDM発送代行会社アルファラン ダイレクトメール発送のことならアルファラン 安価・短納期・ご相談下さい

 

DM発送代行アルファラン

郵便・DM発送代行㈱アルファランは走り続けます!

東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン

▲ページの先頭へ戻る