郵便珍話 - 郵便豆知識8 -  ★郵便やDM発送のご担当者必読

郵便珍話(DM発送代行・㈱アルファラン)

「郵便珍話」は郵便や宅配その他発送や情報通信にまつわる珍しい話や豆知識、最近の話題、一般的な疑問点などを話題にしたエピソードなどをコラム的に記載したものです。

郵便・DM発送のプロならではの視点をお楽しみください。

 

ページ [メニュー] [12][11] [10] [] [8] [] [] [] [] [] [] []

[ ←前のページ ] [ →次のページ ]

 

_______________________________

どうなる軽減税率?

 

消費税が現行の8%から10%に引き上げられるタイミングに合わせ、今後国会では「軽減税率」の導入と、その対象品目を検討することになっているようです。

(平成28年に導入時期が見直されました。<筆者>)

 

日用品のお買いものちなみに「軽減税率」とは、食料品などの生活必需品に課税される消費税率を低くして家計への影響を抑える制度のことで、消費税率の高いヨーロッパ等の多くの国で導入されています。

 

財源の確保や事務処理の煩雑化など賛否は両論ですが、今後の超高齢化社会への対応として消費税による社会保障へのテコ入れが必須なのであれば、あとは弱者を守れる制度の確立・充実を期待したいものです。

 

さて、その「軽減税率」が導入された場合の話ですが、その際は是非、郵便料金への配慮もお願いしたいものです。

現在、郵便利用件数は毎年減少傾向にあり、総務省による平成25年版「情報通信白書」によるとこの数年の引受郵便等物数は、毎年のように減少傾向にあります。それはインターネット、メールの利用の普及が主要因です。

2014年4月に消費税がアップし、その影響はまだ推し量ることはできませんが、個人にせよ企業にせよ郵便利用の更なる減少の懸念は拭えません。

 

前述の「情報通信白書」には平成24年度における総引受郵便等物数が223億4,575万通・個とあります。実に国民1人当たり年間で180通・個以上の郵便物を発送している計算になります。

郵便物のコストは、単に郵便料金以外に、発送物の印刷費やデザイン費、封入・封緘や宛名などの作業費、更には用紙や封筒、接着材などの材料費や運送費、私どものような発送代行業者にかかる費用など、関連する多くの業種が密接に関わり、それだけ日本経済にも大きな影響をもたらしているのが郵便事業なのです。

 

(2014.11)

 

 

頑張れ「ポスクル」

いま世界規模では人口は増加していて、途上国を中心とした人口増加が環境悪化の原因の一つとなっています。

しかし、日本では出生率が低下していて、逆に人口減少が大きな課題になっています。

 

国立社会保障・人口問題研究所の日本の将来人口推計(平成24年1月推計)によると、平成22年国勢調査時点での1億2,806万人から、

PCを使うおじいちゃん

平成42年:1億1,662万人(1,144万人減)

平成60年:  9,913万人(2,893万人減)

平成72年:  8,674万人(4,132万人減)

 

になるものと推計されています。

要するに、50年間で人口は2/3になる見込みだというのです。

 

このように、急速な少子高齢化の進行と人口減という二つの大きな問題を抱えている日本。

特に、地方における過疎地においては、お年寄りが生活に必要なサービスを十分に受けることができなくなるのではないか、との懸念があります。

この危機感から、過疎地における新しい公共の移動手段「有償ボランティア輸送制度」を始めた自治体もあり、企業でも一部コンビニエンスストアは小型トラックを使った移動販売サービスを広げています。

 

そのような中、頼もしいサービスが郵便局から開始されました。その名は「ポスクル」。

簡単に言えば”移動郵便局”で、郵便窓口業務(レタックスなど一部を除く)とATMによる貯金や払い出しなどができる機能を積んだマイクロバスが巡回します。ポスクル

「ポストオフィス」が「来る」という意味合いで、一般公募から「ポスクル」との名称に決まったそうです。

これは、郵政民営化に伴い、様々な事情で閉鎖された簡易郵便局の機能を補填するために導入されました。

2008年2月から試験導入され、現在は徳島県鳴門市及びその近郊の地域の数か所で稼働しており、今後拡大していく見込みです。

 

このような良いサービスは今後も大歓迎です。

(2014.10)

 

ゆうメールのアレコレ

今回は「ゆうメール」について、基本的な知識のおさらいと、定形外郵便との比較などを行ってみたいと思います。

まず、「ゆうメール」と「定形外郵便」を比較してみましょう。(下表は2014年9月現在のものです)

ゆうメール比較表

 

単価としては、100gを超えると郵便よりもゆうメールの方が安価なようです。オプション(表右側)の比較では、ゆうメールに「着払」があるのはユニークです。

 

言うまでもなく、ゆうメールは旧冊子小包のことで、書籍や雑誌・商品カタログ、その他CDやDVDなどの電磁的記録媒体などを送付するのに適したサービスです。

比較的安価で、書籍など重たいものの送付はコストパフォーマンス的に重宝します。

定形外は危険物や貴金属・現金等でなければ大抵の物を送れます。

何より大きな差は定形外は郵便であるため「信書」が入れられる点でしょうか。(ゆうメールでも内容物に関する簡単なあいさつ状や請求書等の無封の添え状や送り状は同封することができます。ただし、手書きの書面は不可、印刷物に限られます。)

よって、送付する内容と重量、料金を勘案して使い分けるのが良いでしょう。

 

さて、もう少しゆうメールを掘り下げて行きましょう。

ゆうメール表記 ㈱アルファラン

 

重さは3Kg以内、大きさは170サイズ(3辺合計が1.7m)となっていますが、一般のメール便が通常1kg以内で厚さが2cm以内(運送会社によっては角2封筒まで)と制限されているのに比べかなりの許容度です。また、筒状の入れ物にも入れられるためカレンダーなどをまるめて送ることも可能です。(ただし、卒業証書を入れた筒は不可でしょう。信書の可能性大ですから。)

 

送付できるものをもう少し詳細に申し上げますと、例えば、申込用紙、アンケート用紙、払込書用紙、注文や返信用のため受取人の住所・氏名等を記載した封筒やはがき、販促の商品見本(「見本」「試供品」または「サンプル」の文字を記載)などは可能です。

また、付録も同封可能です(内容物よりも軽いもので、内容物のタイトルと「付録」の文字を表示)。商品券

 

そのほか注文または返信を促すためのもの、その他、これの類。例としては、割引券(クーポン券)、記念品贈呈券、昼食券(コーヒー券)、駐車券、アンケート用紙等への記入用ボールペン等。

 

さて、差し出しの際は少しだけ注意が必要です。

ひとつは、この発送物が「ゆうメール」であることを示すため、外装の見やすいところに「ゆうメール」の文字を記載します。同時に、差出人と不着の際の還付先を記載します。

さらに、ゆうメールは内容品が限定されているため、郵便局では中身を確認する必要がありますので、封筒や袋の納入口などの一部を開けておくか、無色透明な部分のあり包装袋を使うなど、内容品が確認できるようにします。それができない場合は、予め内容品の見本を郵便局に提示する必要があります。

 

まだ利用したことのない方、是非トライしてみて下さい。

(2014.09)

 

「詐欺」にご注意を!!

 

先日、ある社員の家に電話があり、内容からみて詐欺の電話ではないかと話題になりました。

聞けば「たらば蟹を買わないか?」「以前に購入頂いた者だ。」など怪しさ満点。「買った覚えはないからいらない!」と受話器を置いたそうです。銀行のATM

 

最近、高齢者宅などに電話で北海道の△△市場とか○○水産などと名乗り、「カニはお好きですか?」と聞き、「はい」と答えたら 数日後に代金引換便(代引)で商品を送りつけ代金を取る商法(いわゆるカニカニ詐欺)が増えており、数年前から全国的に拡大、TV等でも注意が促されています。

 

さて、心当たりのない代引郵便物等が届いた場合、どうすればよいのでしょうか?
まず、怪しい代引郵便物等は受取拒否ができます。また、家族あての場合は、受け取る前に必ず本人に確認すべきでしょう。目の前に支払を求める配達員がいても、待たせては悪いと思って支払うと「敵」の思うツボです。(受取保留にして持ち帰ってもらってもよいでしょう。保管期間は1週間です。)

ともあれ、一度代金引換に応じ受け取った郵便物は、返品・返金ができないので、受取には慎重を要します。

 

以前、こんな事件もありました。

被害者宅にダイヤモンド購入を勧誘するパンフレットが届き、その後貴金属加工業者と名乗る男から「パンフレットが届いていないか?その会社からダイヤを買ってくれ。損はさせない。来年ダイヤは値上がりする。」との電話があり、何度も購入するようよう勧誘されこれを信用した被害者は購入を決意、100万円を男の指示されるがまま「ゆうパック」で送金した、というもの。結局ダイヤは届かず不審に思い被害に気付いたもの。

また、ある会社から金地金(きんじがね)を買う権利が当たったというパンフレットが郵送され、間もなく「当社に代わって金地金を購入して欲しい、後で買い取る。」といった電話がかかってきて、指示されるまま現金100万円をレターパックで郵送したという被害もありました。

ニセ電話詐欺の送金に「レターパック」や「ゆうパック」を使う手口は今年上半期、全国で500件以上に上り、昨年同期の約5割増になっているそうです。

そもそも、「レターパック」や「ゆうパック」で現金を送ることはできません。そのような指示があった場合は100%詐欺だと考えてよいでしょう。

 

その他、最近の詐欺の代表例を列挙します。

 

 

◎還付金詐欺

「過去の医療費の払い戻し金があります。返還手続きが今日までです。」等

◎ギャンブル情報詐欺

「ロト6の当選番号を教えてもらえる候補者に選ばれた。供託金が必要。」等

◎架空請求詐欺

「サイト利用料金未払いにより、訴訟になるぞ。和解手続の担保金必要。」等

◎警察官偽装詐欺

「あなたは狙われている。預金を引き出して保護せよ。偽札が入っていないか検査が必要。」等

◎オレオレ詐欺 新化形

「のどが腫れて声が出ない。会社の携帯電話だ。ある女性を妊娠させて慰謝料必要。」等

 

家族はもちろん、知人や友達間でも話題にし声をかけあい、自分の周りから少しでも被害をなくしていきたいものです。

(2014.08)

 

 

「KITTE(キッテ)」の魅力

東京駅が開業100年を迎えます。この駅は、東京各方面別に分かれていたターミナル駅の中間を結ぶ中央停車場として1914年(大正3年)12月20日に開業。

2012年10月には、復元された丸の内駅舎の全面開業が話題になりました。

 

東京駅夜景

(東京駅夜景)

東京駅丸の内の話題で忘れてはいけないのは東京中央郵便局を含む「JPタワー『KITTE(キッテ)』」でしょう。外観低層部は旧東京中央郵便局のフォルムを残しながら、内観はスタイリッシュな一大商業施設となっています。

 

現在の東京中央郵便局内の内装にも旧局内の内装イメージを施し、4階には1931年創建当時の局長室を再現。1階エントランスから上を見ると吹抜側にズラっとブランドショップが360度立ち並び、2~3階の子供体験学習サポートをコンセプトとしたミュージアムも興味をそそります。

この「KITTE」、はじめて東京に足を踏み入れる人を不思議な空間へと誘います。

(旧局長室からの風景)

(旧局長室からの風景)

 

しかし、最も人気のあるフロアは何と言っても地下1階。「キッテグランシェ」と命名された全国ご当地銘品フロアには20を超える店舗が軒を並べ活気を呈しています。イートイン店舗が多いため、買い物客以外にも旅行客やサラリーマン、OLにも人気のスポットになっています。

 

ところで、そのフロアで気になったのがコンビニ。店名「JPローソン」との攻めの名称はKITTEならではでしょう。設置されているATMは当然「ゆうちょ銀行」。店で扱っている宅配便伝票は「ゆうパック」のみといった徹底ぶり。

 

この「JPローソン」には「お札サブレ」というお菓子が販売されています。この「お札サブレ」は壱万円札・五千円札・千円札を模ったクッキーに似たお菓子ですが、日本銀行・財務省・国会議事堂など特別な公共機関内の売店でのみ販売されている珍品だとか。

 

珍菓に出会った喜びよりも、お金の使い道を決める国会議事堂で”食べ物のお金”を販売するセンス(ブラックジョーク?)に只々苦笑。

(2014.08)

 

宅配サービスの利用を極める

いよいよ夏も本番。家族や友人と海や山でバカンスを過ごされている方も多いでしょう。

ところで昨年、沖縄旅行に行ってがっかりして帰ってきたカップルがいました。台風に当たったわけでもないのにスキューバダイビングができなかったというのです。

 

原因はスキューバダイビング用具の到着の遅れでした。余裕を見て東京から宅配便で発送した用具が届いたのは帰宅の日だったそうです。

これは宅配便が悪いわけではありません。むしろ、スキューバダイビングというスポーツの特徴に関係があります。このスポーツの、スキーやゴルフとの決定的な違いは”酸素ボンベ”を使うということです。

 

現在、航空便による荷物の規制が厳しくなっており、法令により禁止されている荷物は持込ができません。ボンベはアウトでしょう。

 

酸素ボンベ

通常ボンベ類は現地調達をするのが一般的です。しかし、発送伝票に「スキューバダイビング器具」など漠然とした表記をすると、ボンベ類があるかもしれないと思われ航空便が利用できない可能性があり、船便になってしまうため旅行日に荷物が届かないという悲しい事態になってしまうのです。

 

対策としては、発送伝票に物品一つ一つの名称を書く事でしょう。(ボンベが入っていない旨も「ボンベは無し」と明記すべきです。)

楽しい夏、有意義に過ごしたいものです。

 

せっかく宅配便の話が出てきたので、日本郵便のサービスである「ゆうパック」の特徴についてのお話しにお付き合いください。

 

「ゆうパック」は、ご存じの通り日本郵便が提供する荷物配送のサービスのひとつで、他社の宅配便(宅急便・飛脚便等)に相当するサービスです。旧一般小包郵便物が前身といわれます。

ここでは約款などで他社との比較をするつもりはありませんが、以前この「郵便珍話」で「ゆうパック」では「骨壺」の配送が可能である点について記載致しました。常に弱者に優しいサービスであってほしいと念願するものです。

 

宅配便を運ぶ

ところで、通常これらの宅配サービスは、サイズが大きくなることと配達先が遠方になるほど料金が高くなります。沖縄・離島などは意外と高い料金が加算されるため注意が必要です。

東京でお住まいの方が同じ東京都内に荷物を出す場合と、同じ荷物を他県に出す場合とでは料金体系が変わります。

日本郵便のホームページによると、100サイズ(3辺合計が100㎝)の荷物をお隣の神奈川県内に出す場合は1,130円。都内なら1,030円です。(2014年7月現在)

そうなると、東京都大田区矢口から多摩川大橋を挟んだ数百メートル先の神奈川県川崎市幸区東古市場に荷物を出すより、数十キロ離れた八王子の方が安くなるわけです。

 

ところで、一つ興味深い点があります。伊豆大島や八丈島などの伊豆七島は離島ではあるものの東京都です。よって、都内から伊豆七島に「ゆうパック」で荷物を送る場合は、東京―東京間の料金が適用されるため、お隣の神奈川県川崎市に送るよりも安価です。

ご存知でしたか?

(2014.07)

郵便珍話 DM発送代行㈱アルファラン

 

 

ページ [メニュー] [12][11] [10] [] [8] [] [] [] [] [] [] []

[ ページTOPへ↑ ]

[ ←前のページ ] [ →次のページ ]

お問い合わせフォーム㈱アルファラン

<お見積もりはコチラから↑>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【郵便・DM発送のコンシェルジュ ALPHARUN 株式会社アルファラン】<港区新橋の会社>

港区新橋のDM発送代行会社アルファラン ダイレクトメール発送のことならアルファラン 安価・短納期・ご相談下さい

 

DM発送代行アルファラン

郵便・DM発送代行㈱アルファランは走り続けます!

東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン

▲ページの先頭へ戻る