郵便珍話 – 郵便豆知識① -  ★郵便やDM発送のご担当者必読

郵便珍話(DM発送代行・㈱アルファラン)

「郵便珍話」は郵便や宅配その他発送や情報通信にまつわる珍しい話や豆知識、最近の話題、一般的な疑問点などを話題にしたエピソードなどをコラム的に記載したものです。

郵便・DM発送のプロならではの視点をお楽しみください。


ページ  [メニュー] [12] [11] [10] [] [] [] [] [] [] [] [] [1]

[ 前のページ ← ]


_______________________________


「わかりやすいアナウンス」

端末


「インド象を冷蔵庫に入れる工程を3段階に分けて述べよ。」

もう25年以上前のシステム・エンジニア研修の初日の課題です。数人のグループに分かれて議論し順に回答を述べていきます。

「まずは像を適当な大きさに切る」「ドデカい冷蔵庫を用意する」などさまざま。

しかし、正解は、

①冷蔵庫を開ける

②インド像を入れる

③冷蔵庫を閉じる

の3段階でした。この設問は先入観を排し、プログラミングを行う上での本質をどうとらえロジックを組み立てるか、という訓練の一環でした。


また、クライアントとの打合せで重要なのは、ユーザーが求める「OUTPUT(出力)」が何か、そしてそのために必要な「INPUT(入力)」は何かを明確にしていくことだと教わりました。

それを、先ほどの3段階に当てはめるならば、

①情報入力(InPut)

②データ処理(Processing)

③求められる結果(OutPut)

となります。

銀行のATMのシステムであれば、

①カード番号と金額を入力(InPut)

②DB情報との照合(Processing)

③現金支払い・帳票出力(OutPut)

となります。

②はシステム会社のノウハウ・力量が問われるところですが、コンピュータというものが身近な現代においては、①と③がユーザーにわかりやすいシステムほど良いシステムということになります。

銀行のATMしかり、駅の切符販売機しかりです。メニュー(機能)の表示(アナウンス)と画面レイアウト(ガイド)はユーザー(USER:使う人)にとって重要な要素です。Webの世界でもWebデザイナーが存在するのはこの「わかりやすさ」のためでしょう。

これは、サービスの世界においても同じです。


こういう話になると、ちょっと頭が痛いのが郵便局のサービスの案内。せっかく良いサービスがあっても告知方法(わかりやすさ)にやや難があります。

日本地図

例えば、よくご存知の「配達地域指定郵便物(タウンメール)」。これはDMなどの送付物を送り先の住所と名前が分かっていなくても「エリア指定」して各家庭に送ってもらうサービスですが、
あまり知られていないのは、タウンメールを利用する際に郵便局では「地理情報システム(GIS)」機能を使って送付ターゲットが多く住むエリアを絞りこむサービスを展開していることです。

例えば、ある駅からの時間(車・自転車・徒歩・半径等)や国勢調査を元にした統計データ(性別・年齢・未既婚・家族構成・住宅別世帯・推計年収データ)を駆使、該当の世帯が多いエリア地図上に色分けされるので、それらの中からどのエリアに向けて送るかを検討できるのです。

それが無料で使用(発送通数による)できるのです。

よいサービスであると思うのですが、残念ながら日本郵便のサイトにも紹介されていません。


その他にも郵便局にはさまざまなサービス・機能が多く存在しています。それらをもっと広くアナウンスするにはどうすべきか。冷蔵庫で頭を冷やして考えるのも一計かと。

(2013.08.31)




「あこがれの郵便馬車」


「あこがれの郵便馬車」という歌をご存知でしょうか?

NHK紅白歌合戦に7回出場した昭和を代表する歌手・岡本敦郎氏(おかもとあつお 1924年12月25日 – 2012年12月28日)の昭和25年頃のヒット曲で、昭和一ケタ生まれの方は覚えている人も多いでしょう。

軽快なメロディと岡本敦郎氏のにこやかな笑顔が、詩の世界を一層鮮明に浮かびあがらせてくれます。

音符(DM発送のアルファラン)

南の丘を はるばると

郵便馬車が やってくる

嬉しい便りを 乗せて

ひずめの ひびきもかるく

耳をすまして ごらんなさい

ほらほらほらほら やってくる

郵便馬車は 夢の馬車


翌年には「あこがれの郵便馬車」の子供版として、五十嵐まさ路作曲・山本雅之作詞で「赤い郵便馬車」という歌も世に出ました。昭和41年には倍賞千恵子さんカバーのレコードも発売されていたとか。


「赤い小さな 郵便馬車が

峠の小道を 越えていく

リンリンシャンシャン 小鈴を鳴らし

木の葉がくれに 消えては見える

遠い町から 便りを運ぶ」


遠くから聞こえる小さな鈴の音がうっすらと聞こえるようで、いまの都会の喧騒の中では想像もできません。


クラシックの分野では、日本では「クシコスの郵便馬車」とのタイトルでしられる曲は運動会・体育祭などでは定番のBGMです。原題の「クシコス・ポスト(Csikos Post)」はハンガリー語で、”Csikos”(チコーシュ)=「馬」、”Post”(ポシュット)=「郵便」を意味し、”Csikos Post”全体で「郵便馬車」という意味だそうです。日本では「クシコス」を地名と勘違いした結果「クシコスの郵便馬車」との題名になったとか。(現在は日本でも「クシコス・ポスト」が一般的になったようです。)


郵便馬車のデザイン切手

(郵便馬車のデザイン切手)

ところで、日本の郵便配達で馬車が使われていたのはいつごろなのでしょうか。

そもそも馬車は、西洋では古くから4輪のものが利用されていましたが、日本ではウシを用いたいわゆる「牛車」が近世期まで使われており、馬車の登場は明治時代からのようです。

日本の郵便制度がスタートしたのは明治4年。明治時代の約半世紀の間、日本橋を中心に郵便物の搬送のために郵便馬車は大いに活躍したことでしょう。

しかし、時の流れは早く、自動車という搬送手段は徐々に郵便馬車にとって代わりました。

初期の郵便制度を支えた功労者の姿は、歌となり絵となって、人々の心に残っていくのでしょう。

(2013.08.30)



郵便受箱(メールボックス)について

今ではどの住宅にもある「郵便受箱」。
昭和30年代に入ると高層の建物を考慮した郵便配達を行う必要から、郵便法第43条にて「高層建築物に係る郵便受箱の設置」が義務付けられました。


「階数が3以上であり、かつ、その全部又は一部を住宅、事務所又は事業所の用に供する建築物で総務省令で定めるものには、総務省令の定めるところにより、その建築物の出入口又はその付近に郵便受箱を設置するものとする。」


その郵便受箱の設置については、「郵便法施行規則」第11条に大要次のように定められています。


(1) 1つの郵便受け箱を2つ以上の住宅等が共同して使用してはいけない。

ただし、同一の部屋を2つ以上の事務所又は事業所が共同して使用している場合はかまわない。
(2) 長さ30cm以上、幅20cm以上、厚さ12cm以上であること。
(3) 配達された郵便物を安全に保護できる構造や材質で、さらに郵便物の取出口に施錠することができること。
(4) 郵便物の差入口の大きさが、縦2cm以上、横16cm以上のものであること。
(5) 設置場所が、郵便物の配達に支障のない場所であること。
(6) 世帯主の氏名、事務所若しくは事業所の名称(屋号その他の称号を含む。)又は室番号を明示したものであること。


この頃から一般の戸建住宅における郵便受箱の設置も整備されていきました。
近年では「メールボックス」という名称が一般的でしょうか。一見、メールボックスには見えないようなスタイリッシュなものもあります。

メールボックス


ところで、最近は家にあまり帰らない人や長期不在の人も多く、メールボックスが一杯になっていることがよくあります。また、大きなサイズの郵便物も多く、メールボックスに入らないものは配達員さんが呼び鈴を鳴らしてくれたり、何とかして家の中に投げ込んでくれたりと涙ぐましい努力をしてくれていますが、やむなく不在票を入れてそのまま持ち帰ることもあります。


さて、以前よりメールボックスから郵便物を抜き取るという被害をよく耳にします。言うまでもなくこれは立派な犯罪です。
お隣さんの郵便受けから勝手に手紙を抜き取って開封してしまうとどのような罪に問われるのでしょうか?
まず、普通に窃盗罪が適用されることでしょう。但し、郵便局の配達員の仕事は投函するまでですので、その後の盗難や紛失には対応できません。自身でビデオカメラにおさめるなどの努力が必要です。

刑法に「信書開封罪」(郵便物に限りません)の条項(法133条)があり、封をしてある信書を正当な理由なく開封した者は、1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処せられます。
また、他人の信書を隠した者は、信書隠匿罪(刑法263条)で処罰されます。(ただし、共に被害者の告訴がないと起訴はできません。)

では、他人のメールボックスの中を覗いていた場合はどうなるのでしょうか?これは犯罪とまではいきません。どちらかというと「プライバシーの侵害」のレベルです。


この「郵便受箱」が普及する前は、配達員さんが一軒一軒扉をガラガラと開けて「郵便でーす」といって郵便物を渡すという、各家庭と顏の見える付き合いをしてしていました。
現代ではもう見ること叶わぬ古き良き日本の風景にあげてもよいのではないでしょうか?
(2013.08.25)



「日出処の天子」


『日出処(ひいづるところ)の天子、書を日没する処の天子に致す。つつがなきや…』(日出処天子至書日没処天子無恙云々)

これは、推古15年(607年)、厩戸皇子(うまやどのおうじ 後の聖徳太子)が隋の皇帝に送ったとされる有名な国書の一文です。

聖徳太子

30年ほど前には日本の漫画作品「日出処の天子」が大ブレイクしました。


”東の国(日本)の天子から、西の国(隋)の天子へお便りします。お変わりなくお過ごしでしょうか?”

これを読んだ隋の煬帝(ようだい)は激しく怒り、次からは無視しろと高官に言ったと隋書倭国伝にあります。


理由には多くの説がありますが、日本を「太陽の昇る国」、隋を「太陽が沈む国」と表現したこと。

もう一つは隋の皇帝にしか使用されていなかった「天子」という言葉を日本でも使ったことが原因のようです。

何しろこれは、大国に対してあからさまに「あなたとは対等の国同士ですよ」と言ったようなもの。



 <法隆寺>

 <法隆寺>

当時、隋周辺の国々は使いの文書には臣下の礼をとり、絶対服従の態度で臨むのが常の時代でしたから、対等な立場での文面を送った厩戸皇子の外交的真意は計り知れません。

そこには、隋の将来を見据えていた(実際、この11年後には隋は滅んでしまいます)のかもしれませんし、

また、587年に蘇我馬子が物部守屋を滅ぼした「丁未の乱」以降、安定した政治・経済により国力増強(冠位十二階による人材登用や十七条憲法制定も遣隋使の少し前)していたことも関係しているかもしれません。


この文面が日本における最古の「書簡(おそらく木簡)」の記録と言われますが、これらの記録から様々な時代背景や国の力関係などが見え隠れし興味をそそられます。


しかし、単に古いから有名なのではなく、何よりこの文章の表現が粋で美しく、この名文こそが日本最古の書簡の記録であることに何やら喜びが湧いてきます。


(2013.08.24)



郵便珍話 DM発送代行㈱アルファラン


ページ  [メニュー] [12] [11] [10] [] [] [] [] [] [] [] [] [1]

[ 前のページ ← ]



[ ページTOPへ↑ ]


お問い合わせフォーム㈱アルファラン

               <お見積もりはコチラから↑>











【郵便・DM発送のコンシェルジュ ALPHARUN 株式会社アルファラン】<港区新橋の会社>

港区新橋のDM発送代行会社アルファラン ダイレクトメール発送のことならアルファラン 安価・短納期・ご相談下さい


DM発送代行アルファラン

郵便・DM発送代行㈱アルファランは走り続けます!

東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン

▲ページの先頭へ戻る