郵便珍話 – 郵便豆知識③ -  ★郵便やDM発送のご担当者必読

郵便珍話(DM発送代行・㈱アルファラン)

「郵便珍話」は郵便や宅配その他発送や情報通信にまつわる珍しい話や豆知識、最近の話題、一般的な疑問点などを話題にしたエピソードなどをコラム的に記載したものです。

郵便・DM発送のプロならではの視点をお楽しみください。

ページ [メニュー] [12] [11] [10] [] [] [] [] [] [] [3] [] []

[ ←前のページ ] [ 次のページ→ ]



_______________________________


「〒」マークの正しい使い方

mail_img05「〒」は日本の郵便事業・郵便局の記号・シンボルマークで、明治20年に逓信省が徽章として考案・発表し、
後身の郵政省・郵政事業庁・日本郵政公社へと引き継がれ、民営化後の日本郵政グループのブランドマークとなっています。

一般的に「郵便記号」または「郵便マーク」と呼ばれます。

日本工業規格(JIS)において「〒」は「郵便記号」と呼称されており、「郵便マーク」は「〠」(顔郵便マーク)を指すようです。

明治20年2月、当時の逓信省は「今より (T) 字形を以って本省全般の徽章とす」と告示。ところが、直後に「〒」に変更し、 同月19日の官報で「実は「〒」の誤りだった」ということで訂正されてしまったのです。

この経緯に関しては、諸説あるようです。。

1.「T」を第1案とし、「逓信省(テイシンショウ)」の片仮名の「テ」を図案化した「〒」を第2案として提出したところ、第2案の「〒」が採用。しかし、告示の時「T」と誤ってしまったために、これを訂正した、という説。

2.「T」にすることで最初から決まっていたものの、後日調べてみると「T」は国際郵便の取扱いでは、郵便料金不足の印として 万国共通に使用されていたため、これによく似たマークは適当ではないということで、「〒」に訂正した、という説。

また、この訂正では、「テイシンショウ」の片仮名の「テ」からの説と、単純に「T」の上に一本足して「〒」とした、
という説の2つがあるようです。


どちらが有力か、ということはないのですが、一般には後者のほうが多く語られており、また、「Tの上に棒を一本加える」というアイディアは、初代逓信大臣であった榎本武揚が出したとも言われています。

ところで、「〒」は、郵便番号を表示するときにもしばしば用いられております。
それについて、郵便約款(正式には内国郵便約款)の別記を見てみますと、このような記載があります。

『郵便番号の前後には、「郵便番号」「〒」その他これらに類する文字又は記号及び「親展」、「至急」、「重要」・・・・・これらに 類する事項を記載できません。』
(例)
100-0005 ・・・・・ (可)
郵便番号100-0005 ・・・・・ (不可)
〒100-0005 ・・・・・ (不可)
100-0005(重要) ・・・・・ (不可)
100-0005(No.000678) ・・・・・ (不可)

ということは、「〒」を郵便番号を表示するときに使用してはいけないわけですね。

(2013.12.01)


高齢者にやさしい社会

最近、街のポストが減っているのはご存じでしょうか?全国に設置されているポストの数は次の通り。

郵便ポストと集荷

H20年度 192,213本

H21年度 188,326本

H22年度 186,753本

H23年度 185,409本

H24年度 181,895本


このように、毎年減少(日本郵政の事業計画には毎年のように「現状維持」をうたってはいる)しております。経営のスリム化の一貫で業務効率を高める狙いがあると思われます。

これは全国一律ではなく地域差はあるようですが、インターネットの普及で個人の郵便利用が減少している昨今ではやむを得ない面もあるのかもしれません。


ただ、かわいそうなのはメールも使えず専ら郵便利用のお年寄り。社会福祉の角度からもう一度高齢者への配慮の必要性を痛感致します。


郵便物の取集に支障がなくかつある程度の投函郵便物が見込める場所であれば、承認請求することで「私設ポスト」を設置することができます。

「私設ポスト」は、設置時の工事費や購入費用はすべて設置者負担、さらに郵便物の回収料を日本郵便株式会社に支払うことが前提ですが、
ホテル・病院のロビーなどに宿泊者・来院/入院患者へのサービス、また、集客やサービスの一貫でデパート等の商業施設内に設置するケースなどがあります。

単に行政のサービスに頼るのではなく、企業を含めた地域・社会全体の高齢者や社会的弱者への配慮の意識向上に期待したいところです。


さて、先日大田区東海にある臨海斎場にて親類の葬儀に参加された方とお話しをしました。

この臨海斎場は、決してアクセスは良くないのですが、火葬場も兼ねた最新式の葬祭場のため式典後の移動などが不要で利用しやすいのが人気です。


談たまたま話題になったのが「お骨の自宅への帰宅」。超高齢の方が骨壺を抱えて自宅に帰ること自体が困難とのことでした。(自宅からお墓への場合もあるでしょう。)ご家族や親類がいらっしゃればともかく、独居者の多い超高齢化社会だからこその悩みです。

骨壺

個々人のモラル感は別として、物理的にお骨の「宅配」が必要なケースがあるのではないかと思い、宅配便で送ることができるか否かを調べてみました。


すると、大手の運送会社では約款に「遺骨、位牌、仏壇」は引受不可としています。これは、大切なものに万が一のことがあってはいけないとの配慮からであると推測します。


そのような中、郵便局の「ゆうパック」については引受が可能でした。葬儀・墓地・供養などのコンサルタント会社がいくつかあり、この「ゆうパック」での輸送手段を推奨しています。
中には、骨壺を段ボールに入れる際にはどこかに紛失してしまっては困るとの遺族の気持ちをくんで位置情報検索システム「ココセコム」を同梱するオプション・サービスする会社もあります。
また、郵送に抵抗がある方のために「お骨の引取り出張サービス」をしている会社もありました。


今後も「お年寄りに優しい仕事」の登場は歓迎したいものです。私達もすぐに高齢者の仲間入りなのですから。

(2013.11.01)


切手の偽造と防止

「竜文切手」を知っている人は切手通でしょう。これは日本で初めて発行された切手で、そのデザインに「向き合った竜」が使用されたことでこう呼ばれるそうです。

500文


明治4年に郵便制度発足と同時に発行された「竜文切手」は48文・100文・200文・500文の4種類(文とは当時の貨幣単位)。原案の時点では花柄デザインでしたが、偽造しにくくするために複雑な絵柄にしたようです。


さて、切手の偽造とその防止策について述べてみます。

紙幣と比べた場合、切手の額面が低額で偽造コストの割には得られる利益が少ないためか、偽札事件と比べるとはるかにその発生件数は少ないようです。


偽造事件としては、1913(大正2)年に発生した「菊切手偽造事件」がその代表的な事例です。菊切手とは、明治32年から使用されていた通常切手で印面中央に菊花紋章が大きく描かれていることからこの名で呼ばれています。

菊切手の偽造事件は、横浜元町郵便局の局員が書留郵便用に貼付されていた10銭切手の異常に気づいたことで発覚。調査の結果、主犯格の人物の他、切手売捌総代人や印刷業者が逮捕され、額面にして約1万円分の切手が押収されて事件は早々に収束しました。


最近のニュースでは、平成22年に、80円切手を偽造して郵便物に貼り投函した大阪の派遣会社社長が切手偽造容疑で逮捕されました。本物の切手シートを会社でカラーコピーし「目打ち」と呼ばれる縁のギザギザの部分はカッターナイフで切って再現。「1枚つくるのに1時間かかっていたのが、上達して40分まで短縮した」とのこと。


ところで、現在の楕円の目打ちは、丸の目打ちよりも偽造するのが困難だからとの理由で採用されたそうです。日本の切手で最初に楕円目打ちが用いられたのは、平成9年発行の額面印字コイル切手とのこと。


楕円目打ち以外にも、切手には様々な偽造防止技術が盛り込まれています。お札に利用されている技術や、用紙やインクにも特殊なものを使用し「見えない防止策」も取られていて偽造された切手の場合は消印用機械を通るときに自動的にはじかれる仕組みになっているようです。


但し、そういった技術が盛り込まれる以前の切手もまだまだ大量に流通しているため、やはり郵便職員の感と経験も重要な「偽造防止」の歯止めになっているのでしょう。

切手を舐めて貼る人ならば、味で本物を見分けるかもしれませんが。。。。

(2013.10.15)



正しい封入の方向って?


「手紙や案内状を郵便で出す場合、封入の方向はどうすればよいでしょうか?」
発送作業を請け負う際に時折このような質問を頂戴します。

実際に作業をする人に聞いてみると、OPP封筒(透明なビニール封筒)を利用したDMなど広告系のものは正式云々よりも中身が見える利点を活かした封入向きや順番にすることが多いそうですが、定形の長3や洋長3(洋0)封筒を利用する郵便物の場合は意見が割れました。


特に、高齢の方の意見では、中身(封入物)の正面と封筒の正面(宛名面)の向きを合わせるのが常識と語調を強めます。
要するに、正面と正面を合わせるわけです。


試みにYahooで検索してみると、多くの人が疑問に思っている内容であることがわかります。
そして、結局正解はないのだと気付くのです。


慶弔の場合、今もしきたりを重んじる風習があります。
結婚式のご祝儀や、葬儀の御香典などのお金の入れ方で考えるとわかりやすいかもしれません。
ご祝儀を入れる際、お札の表側(肖像画がある方)が中袋の表側に向くように、反対に御香典では裏が見えるようにするといわれます。

ご祝儀袋


確かに昔は、通常の手紙などは正面と正面を合わすのが習慣であったようです。
それは、中身の正面を封緘側にする(裏返す)と「凶」と考えたからのようです。


ただし、それらはあくまで慣例で、現在では向きが違うからといってそれが非礼であるとは限りません。
案内状などは、読む相手のことを考えて封筒を開けたとき中身が見やすい状態で封入することが多いようです。
だから、結婚式の案内状などもあえて表・裏を合わせることも多いのが実情だそうです。


結局、お便りというものは、あくまで読む相手のことを考えて、慣習を重んじるのもよし、開きやすさを重視するのも良し。
そういえば、昔の会社の仲間の結婚式で、ご祝儀袋に当たり馬券を入れた友達がいて、後で競馬好きの新郎が大変に感動していたのを思い出しました。
これも、相手のことを思えばこその演出でしょうか。。。。ただし、馬券の封入向きはわからないそうです。


(2013.10.15)

郵便珍話 DM発送代行㈱アルファラン


ページ [メニュー] [12] [11] [10] [] [] [] [] [] [] [3] [] []

[ ページTOPへ↑ ]

[ ←前のページ ] [ 次のページ→ ]

お問い合わせフォーム㈱アルファラン

               <お見積もりはコチラから↑>











【郵便・DM発送のコンシェルジュ ALPHARUN 株式会社アルファラン】<港区新橋の会社>

港区新橋のDM発送代行会社アルファラン ダイレクトメール発送のことならアルファラン 安価・短納期・ご相談下さい


DM発送代行アルファラン

郵便・DM発送代行㈱アルファランは走り続けます!

東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン東京都港区のDM発送代行㈱アルファラン

▲ページの先頭へ戻る